ホーム > コラム > 羽田野真寛 > 株式会社ケイエスケイシステムのご紹介

株式会社ケイエスケイシステムのご紹介

f8d410be97abc6d0061c3012cbe3157e_m
羽田野真寛

羽田野真寛

2017/01/12

はじめまして。
この度、こちらでコラムを書かせて頂くこととなりました、株式会社ケイエスケイシステムの羽田野(はたの)と申します。

 

初回は簡単に弊社のことを紹介させて頂ければと思います。
弊社は主に2つの事業を行っており、1つは農作物を中心とした食品の卸販売、もう1つは人手不足に困っている農家さんと農業を手伝いたいという人のマッチングサービス「農ホリ」を運営しており、弊社の事業は「農業」が軸に展開しております。

 

弊社Missionとしては、「農業を憧れの産業にする」ということで、常にこのMissionを達成するために事業の展開を考えいています。

 


食品の卸販売


 

食品の卸販売では、地方の農家さんや加工生産者さんから加工品を中心に仕入れ卸販売をしております。地方にはまだまだ知られていない美味しいものや、珍しいものが多くあるのですが、良い商品にも関わらず販路が無かったり、パッケージがいまいちだったりと売り先開拓まで十分にできておらず市場に流通していない商品が数多く存在します。
そこで弊社ではそれら商品を探してきて、我々の持っている販路で販売をしたり、場合によっては販売データや市場の潮流などを分析し、パッケージデザインの代行やアソート、ポップ作りなどを代行し、より売れるような仕掛け作りをしています。

 

言い方は少し乱暴になりますが、農業の6次産業化は生産➝加工➝販売とすべて揃って6次産業となるのですが、どうしてもこの「販売」という部分が十分でない農家さん、加工生産者さんが多く、我々がその農家さんや加工生産者さんの「営業マン」になったつもりで、彼らの6次産業化を支援していきたいと常々思いながら事業を行っております。

 


農ホリ


 

%e8%be%b2%e3%83%9b%e3%83%aa
 
もう1つの事業「農ホリ」についてです。農ホリは、農家さんと農業を手伝いたい人のマッチングサービス。

農家さんの課題の1つに農作業を行う人手不足があり、せっかく実がなっても人出が足らず収穫が間に合わないというケースも少なくありません。

 

しかし、農家さんも常に人が足りないわけではなく、収穫期など忙しい時期が限られており、年間を通じた雇用が必要なくピンポイントで人材がほしいということが実情です。一方で東京や大阪など都会には農作業を手伝いたいという人が少なからずいらっしゃり、そのような方と農家さんをマッチングすることで農家さんの人手不足を解消しています。

 

また農ホリの最大の特徴は農家さんと参加者さんの間に金銭のやりとりは一切なく、農作業をお手伝いする代わりに、農家さんに食事と宿泊場所(離れなどの空き部屋など)を手配していただきます。つまり「労働」と「体験」の交換で、Airbnb‎やWWOOFが類似サービスで農業特化かつ無料というのが農ホリが他サービスとの違いです。

«

»

羽田野真寛

羽田野真寛

株式会社ケイエスケイシステム代表取締役 東京大学大学院農学生命科学生命科学研究科 修了 農業を軸とした事業を展開
情報のイメージ

情報の偏りの怖さって話

287ad8797a93115fa46b25d7853af2bc_s

理論ばかり固めると意識高い「系」になるよって話

6f54de45e0c5828b5c2fc3b6684b5867_s

批判をするのって楽だよって話