ホーム > コラム > hirotea > ノミに学ぶ・・・環境が最大の説得

ノミに学ぶ・・・環境が最大の説得

CATEGORY:
gatag-00012716
hirotea

hirotea

2017/03/22

こんにちは。ひろてぃーです。  
 
皆さん花粉症大丈夫ですか?  
僕は毎日マスク着用ですが、メガネが曇って面倒な日々を過ごしています。@_@  
 
 
さて、今日の本題です。  
 
昔ある人に、いわゆる”メンター”という立場になってもらっていました。  
その方は、自営業者や経営者にアドバイスをする仕事をしており、オフィスには色んな経営者や自営業の人が出入りしていました。  
 
 
そのメンターの方がよく言っていたこと。  
それは、成功するには「環境が最大の説得」ということ。  
 
成功したければ、成功者が多くいる環境に身を置くようにすること。という意味です。  
拡大解釈すると、成功するには、自分の能力を最大限開花できる環境に身を置くこと。とも言えます。  
 
 
 
●ノミの話  
ノミの例え話で説明させて頂きますね。  
 
聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、こんな話があります。  
犬やネコに寄生する”ノミ”の話です。  
 
あのノミには、すごいジャンプ力があります。  
体長1.5ミリから2.0ミリ程度の生き物ですけど、30センチくらいの高さまで飛ぶことができるんですね。  
人間で例えると、身長170センチだったら東京タワーと同じくらいの高さまでジャンプできるということです。(・o・)  
 
 

そしてノミを使ったこんな実験をしたとします。  
ビンを2つ用意します。  
・ビンA→高さが10センチのビン  
・ビンB→高さが50センチのビン  
 
 
①  
まず、高さ10センチのビンAにノミを入れてフタをします。  
高さが10センチなので、ノミはジャンプする度にフタにぶつかる訳です。  
 
すると、ノミは本来30センチくらいジャンプできるのに、そのノミは10センチ程度までしかジャンプができなくなってしまうんですね。  
 
さて、10センチしか飛べなくなったノミは、いつしかそれが普通になります。  
 
本来のポテンシャルの1/3しか発揮できなくなり、無意識のうちに「10センチがジャンプの限界だな」となる訳です。  
 
 
②  
その一方、ビンBに複数のノミをいれます。  
ビンBは高さが50センチあるので、ノミたちはフタにぶつかることなくのびのびとジャンプします。  
中には30センチ以上ジャンプできるノミもいるかもしれません。  
 
 
③  
さて、ではビンAに入れられた、ポテンシャルの下がったノミ君。  
彼をビンBに入れるとどうなるでしょうか?  
 
ビンAのノミ「周りのノミが自分よりも高く飛んでいる。オイラの3倍以上高くジャンプしている。でもオイラより高くジャンプしているノミは別に特別なノミでもなく、オイラと同じくただのノミ・・・」  
 
そんな環境に身を置くと、10センチしかジャンプできなくなっていた”ビンA”のノミも、いつしか本来の30センチの高さまで飛べるようになる。  
 
実際にこういった実験結果が出ています。  
 
———————————  
 
人間も”ビンA”に入れられたノミと同じようなところがあります。  
本来は優れた能力がある人でも、過去の経験から「自分の能力はこんなもの」と決めつけてしまうんですね。  
しかも、やっかいなのは、それを無意識のうちに決めつけてしまう、ということです。  
 
過去の経験から無意識のうちにセルフイメージが下がり、本来発揮できるはずの能力が発揮できない。  
これって勿体ないですね。  
 
ではそんなビンAのノミのような状態(多かれ少なかれ、僕も含めて多くの人にそういう部分があると思います)から脱却するにはどうすればいいか。  
 
 
ビンBのような環境に自ら身を置く。ということですね。  
 
つまり、  
成功したければ、成功している人たちのコミュニティーに入る。  
活躍している人たちが沢山いるコミュニティーに自ら身を置く。
 
ということですね。  
 
一人よりでがんばるよりも、色んな人と交流しあい刺激し合うことで成長もすればアイデアも沸くものではないでしょうか。  
 
同業種にこだわらず、異業種でもそういったコミュニティーを探して入ってみるのもいいと思います。  
 
 

ちなみに、僕ももちろん実践しています。  
僕はウェブやスマホアプリでの集客・販促支援をさせて頂いている訳ですが、SEOでウン百万円の売上という成果を出している人たちが参加しているセミナーに定期的に参加しています。  
 
モチベーションも保てますし、「僕も彼らと同じ結果を出せるはず」と確信が強くなっています。  
 
 
ということで、  
成功するには、成功者がいる環境に身を置いてはいかがでしょう?というご提案でした。  
 
皆さまのご参考になれば嬉しいです。  
 
 
では、今月はこのへんで。  
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

«

»

hirotea

hirotea

店舗のリピーター育成のご支援やDM販促のご支援などをさせて頂いています。(スマホアプリの制作、そしてそれを活用した販促支援など) 得意なことは、たこ焼きを焼くこと。(関西人らしい) 好きなことは、ドライブと美味しいものを食べること! 大阪出身ですが、今は奈良県で嫁さんと二人ぐらしです。
9394c0e6094cea7be9fe941ca9cfe579_m

日々のタスク管理に絶対数オススメ。google keep

08fcf6e1f27d6947fe7719c898a78c8c_m

【緊急】コンピューターウイルスから大切なパソコンやデータを守るために最低限やっておくべき8つの対策

824bd97f906ca2394878dc938dd2cf6b_m

「二兎を追うもの一兎をも得ず」は間違っている?