ホーム > コラム > 羽田野真寛 > 百姓の可能性

百姓の可能性

f532cb9d19349808c8cdd87cff4b59b8_s
羽田野真寛

羽田野真寛

2017/04/05

 

 

前回のコラムで農家の失われたアントレプレナーシップと百姓について書いてみました。今回は百姓という職業にどんな可能性があるかをもう少し具体的に考えてみようと思います。

 
 
 


百姓という職業


 
 
百姓はどのような職業か?百姓は農業を中心に置きながら100の生業をもつ職業です(詳細は前回号をご覧ください)。百姓は複数の生業(事業)を持つことからアグリアントレプレナーと言い換えても良いと思うというのが個人的な意見です。
 
また百姓は様々な技術・知識が求められます。生産に関することはもちろんですが、食品加工の食品に関する知識、流通に関する知識・・・など求められる知識・技術は多岐に渡ります。だからこそ百姓はいわゆる生産者という立場から抜け出した、高度な職種ではないかとも思っています。
 
 
 


スペシャリストである必要はない


 
 
一見、百姓は求められることも多く非常に難しい職種のように見えます。また現代の日本では生産、販売、流通など高度に仕事が分業化されておりそれぞれの分野にスペシャリストが存在します。ここで重要なのは決して全ての領域でスペシャリストである必要はないということです。例えば自分で作った野菜を市場に通さずに流通させようとしたとき、今はOisixさんのような野菜EC、イオンさんのような自社農場を持つ大手小売店のようなスペシャリストが存在し、そこと勝負することは並大抵なことではありません。しかし、畑周辺のスーパーに卸し、知り合いや親戚に宅配するという規模感であればむしろ近さという物理的なメリットや、小回りが効くという点で大手企業よりもメリットがあることもあります。つまり、スペシャリストになる必要はなく、出来る範囲での差別化を図れば良いのです。
 
また、1つの事業で必要なお金を稼ぐという必要性もなく、例えば月30万円を稼ぐ必要がある人であれば、知人への販売で5万、スーパーで10万、ジャム販売で5万、Webのデザイン受注で5万・・というように複数の生業の合計で目標を達成すれば良いため、1つ1つで無理をする必要もないのです。
 
 
 


高度であり無理をしない職業


 
 
百姓は多岐に渡る生業を持ち、求められる知識・技術は多いですが、一方でスペシャリストである必要性もなく、合計で目標を達成できれば良いというのが基本のベースになる考え方です。つまり百姓は高度な職業でありつつも、無理をしない職業でもあるということです。
 
近年日本でもフリーランスという働き方が一般化してきましたが、農業ということを中心に捉えた百姓という働き方も、ある意味フリーランスに近い働きかたかもしれません。アントレプレナーという高度な側面と、フリーランスの自由さという側面を持ち合わせた職業、それが百姓ではないかと思います。
 
実は百姓という職業は生業や金銭面という側面だけでなく他にも多くのメリットのある職業で、次回はそのことについて書きたいと思います。
 
 

«

»

羽田野真寛

羽田野真寛

株式会社ケイエスケイシステム代表取締役 東京大学大学院農学生命科学生命科学研究科 修了 農業を軸とした事業を展開
情報のイメージ

情報の偏りの怖さって話

287ad8797a93115fa46b25d7853af2bc_s

理論ばかり固めると意識高い「系」になるよって話

6f54de45e0c5828b5c2fc3b6684b5867_s

批判をするのって楽だよって話