ホーム > コラム > Speaker Lab > 美人は三日で飽きて天狗も三日で飽きるが同業者はずっと飽きない。

美人は三日で飽きて天狗も三日で飽きるが同業者はずっと飽きない。

55a10f9f7cadd597d85a742303eaece0_m
Speaker Lab

Speaker Lab

2018/01/05

 
 
新年明けましておめでとうございます。本年もスピマガ、Speaker Labともどもよろしくお願いします。
 
2018年の幕開けは、これでもかってぐらい体たらくな寝正月。元旦、2日、三日は引きこもっていた。家から出るときはご飯を買いにいくぐらいで何をするわけでもなくダラダラ、ダラダラ自宅パトロールに励んでいた。
 
改めて、太陽の光は浴びないといけないと気づいた正月ではあった。さすがに何日も家にひきこもっていたら昼と夜の生活が逆転する。毎日、普段通りに寝ようとしてもなかなか、寝れない。朝7時ぐらいにようやく就寝する体たらくな正月ではあった。
 
年末は年末でご飯も食べられないぐらいの歯痛に襲われ苦しんだ。やはり、健康が一番いい。歯医者とコンビニは年中無休が良い。とは誰かが言ったものだ。2018年は健康第一を自分にいい聞かせたいと思う。
 
さてさて、2018年一発目の更新ですが、ありきたりではあるが、2017年を振り返ってみる。
 
 
 
 


 
 
 
 
2017年はデザインよりも文章を考える時間の方が長かったとおもう。それもそのはず、スピマガを始めてしまったわけだ。意気揚々とWEBメディアを始めると言ってしまい、続けていく難しさに悪戦苦闘しながらも、今月もこうやって更新できているわけで、かんたんなことではなかったのが気付けた一年ではあった。
 
 
いろいろな所に出向き、様々な方とお話をさせていただいてオンドメディアの考え方やスピマガの考え方が変わった。2018年も迷子にならないぐらいの地道に更新していくので、これからも読んでいただければ助かります。
 
 
そして、2017年は本業であるデザインの仕事はというと…。遠慮がふっきれた一年ではあった。提案の仕方や打ち合わせ時など今までは10あったら8ぐらい遠慮をしていたのだが、今は3割ぐらいで最低限の遠慮しかしていない。
 
 
打ち合わせ時のマナーなどはしっかりしているつもりだが、慣れないことをしてぎこちなくなるのは嫌なので、わりかし自分たちのやり方を見つけられたのだと思う。カッチリし過ぎずだらけ過ぎず。合っているかわからないが、このやり方を鍛えていきたいと思う。
 
 
もちろん、多少なりとも自分の考えに自信が出てきた(根拠はない)のだろうが、やっぱり、デザインを使って頼んでいただいている企業様を少しでも良くしたいと思うが大前提なので遠慮して自分の意見が言えなくて思っていた方向と違った方向に行くのであれば、言った方がいい。と結論になったのだ。
 
 
しかし、言い方や態度はあらためないといけないので2018年は改善していこうと思う。
 
 
さらに2017年は、同業者の方との繋がりなどなく名刺交換はするけど、その先に個人的に会って呑みに行ったり話をしたりする機会がなかったのだが、積極的に行くようにした。
 
 
理由は、自分の業界での立ち位置や考え方の指標になるからだと思ったからだ。誰ともつるまず一匹狼気取りで居ても、けっきょくは井の中の蛙で合っているのか間違っているのか分からなければ不安になるか天狗になるかだと思ったのだ。っとか言いながらこの一年で三日ぐらいは天狗になった。あれは、間違いなく顔を真っ赤にした天狗だった。と思うぐらい天狗だった。
 
 
とくに天狗になった理由はないのだが、三日間は調子にはのっていた。しかし、三日たって「何やってんだ。。。俺…。」なんて少しセンチメンタルな気分になったので、「もういいや。」と我に返った記憶がある。
 
 
そんなことはさておき、同業者と知りあってお酒を交わせば、デザイン論の話や広告業界がの話ができて、とても、有意義な時間にはなる。
 
 
 
 

 
 
 
 
ツイッターでも呟いたが、続・同業者での呑み友達募集中だ。
 
 
どんな、仕事でもそうだと思うが、仕事の話をするのは同業者が一番だ。何より仕事に対しての理解がある。友達にデザインの話をしても辛さや楽しさは100%伝わらない。友達の仕事の話も100%理解ができない。
 
 
同じ業界で働いているからこそ、葛藤や喜びが分かち合えるのだ。100%までは行かないが近いところまで共感ができる。2017年は、同業の方と呑む時間は楽しかったり考えたりする貴重な時間になったのだ。
 
 
仕事で悩んでいたり、嬉しいことがあったりしたら同業者の方と呑みに行くのはおすすめだ。愚痴っぽい話になったり傷の舐め合いになるときもある。が自分たちの仕事の難しさ楽しみが一番に分かるのが、同業者なのかもしれない。
 
 
Twitterでも呟いたが三人ぐらいがベストだと思う。単純計算で人が増えたら一人の話時間が短くなるのだ。二人だと逆に時間が長すぎて話すことがなくなるかもしれないので三人ぐらいが遠慮のする時間がなくなる。一番ベストの様な気がする。
 
 
仕事の話をついでにもう一個。去年までは遠慮してSNSなどで言わなかったが今年はハッキリ物申していこうと思う。理由は簡単だ。このままでは、自分自身がよくない方向に走っていくな。と思った。スピマガでもSNSでも良いので自分の言ったこと、思ったことを残して言い聞かしたいのだ。完全な自己満発信ではあるが自分自身はもちろん、実は業界に対しても疑問が増えてきたので、Twitterで発信がしていきたい。
 
 
Speaker Lab Twitterアカウント:@LabSpeaker
フォローをお願いします。
 
 
最後に2018年の抱負と言えるほど大したことは言えないが、去年、競合コンペにて競合他社様と初めてぐらいの勢いで勝負をさせていただいた。結果は、2戦2勝。Speaker Labとして初めての競合コンペとしては想像以上の結果だ。
 
 
いままで、競合他社様と競ったことも無かったので、自分たちが今、どこに位置しているかが分からなかった。しかし、2017年の結果は自信にも繋がったし自分たちの得意なところが理解できたのはとても大きいことだ。結果は過去の栄光にならないように精進していこうと思う。
 
 
しかし、この結果が出たことで新たなる疑問が現れたのだ。いや、もともと思っていた疑問が自信をついたことでデザイン業界や広告業界に対して以前から感じていたモヤモヤとしたことが明確になった。
 
 
今年中は難しいかも知れないがモヤモヤっとしたところが少しでも見通しがよくなれるように仕掛けていければと思う。そのために、私たちが今年できることは「ライバルをつくらない。」を2018年の抱負しよう。
 
 

«

»