ホーム > コラム > Speaker Lab > 低予算でクリエイターを本気にさせる魔法の言葉

低予算でクリエイターを本気にさせる魔法の言葉

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_m
Speaker Lab

Speaker Lab

2018/02/06

 
 
デザインを生業にしていたらクライアントから言われたことがある言葉「簡単に創って欲しい。」、「すぐ、できるでしょ。」…etc。こういった言葉は、創り手からするとストレスになる言葉。きっと、私たちにたいして遠慮をしているから出る言葉ではあると思う。(ポジティブに考えすぎかも知れないが…。)
 
 
はっきり言うが、遠慮をして使っている言葉なら間違っている。物創りをしている人たちのやる気を完全に失う言葉だ。人が人なら「失礼だ。」、「他の人に頼んでくれ。」などなど思う人も少なくない。なぜなら、誰がやってもいい仕事と思ってしまう。
 
 
はず…。(みんながみんな違うかも知れない。)
 
 
おそらく、こういった言葉は私たちに対しての〝遠慮〟から発言される言葉の可能性がたかい。もし、デザイナーに仕事を頼むときに打ち合わせで不機嫌になったとかやる気を感じれないと感じた経験がある方は上記みたいな発言をしていないか思い出してほしい。
 
 
「プロなら相手の発言を気にせず、最後までまっとうに仕事をしろ!」
 
 
とお怒りの言葉が聞こえてきそうだがデザイナーも人間。言われて嫌な言葉はいくらでもある。その後に、必ずといって良いほどについてくる言葉が「簡単なら安くで良いだろう?」的な発言。さらに萎える言葉だ。
 
 
気持ちが分からなくもないが、みんなのモチベーションを上げて良いものを創るほうがお互いにとってウィンウィンではないだろうか。クリエイターファーストまではいかないが、もう少し、配慮してほしいと思うことは少なくない。
 
 
では、出来るだけ予算がない状態でクリエイターもクライアントも納得できるお仕事の進め方を今回は書こうと思う。
 
 
上記にも記したが「簡単に創って欲しい。」、「すぐ、できるでしょ。」…etc。こういった言葉は使わない方が良い。もし、本当に〝簡単〟で良いなら修正は出さないでほしい。こちら側は、言われた通り〝簡単〟に創ったまでだ。創ってから「いや、違うだよな〜。」と言われても「簡単に創ってほしい。」と言われたのだから簡単に創ったまでだ。
 
 
「簡単に創ってほしい。」は答えでもなんでもない。何も考えていないと思われる発言だ。面接などでも、「どんな、お仕事がしたい。」というこちらの問いに対して「どんなんでもしたいです。」という答えが返ってくることがまれにあるが、これも答えではない。何も考えてないだけだと私は思う。
 
 
クリエイターに伝える言葉は何でもいいのだ。しっかりした伝える言葉じゃなくてもいい。「ウチの会社はカッコよくありたい。」とか「楽しい会社っぽく」とか何でもいい。恥ずかしがらずに思ったことは伝えてほしい。「簡単に創ってほしい。」とか「何でもいい。」では何も伝わらない。自分たちの思いを伝えてほしい。
 
 
なんども言っているが、「簡単に創って欲しい。」、「すぐ、できるでしょ。」以外で予算がなくてもクリエイターに本気で仕事をしてもらえる言葉ではない。やる気を損なわずに限られた予算で本気にさせる魔法の言葉がある。例えば、「予算がないのですが、納得いくものを創りたいので○○さんにお願いしたいんです。」という言葉だ。
 
 
誰でもいいという言葉ではなく〝あなたしかできないお仕事〟なのだ。誰でもいい仕事を任されてモチベーションは上がらなかった経験は今までなかっただろうか。逆に自分にしかできない仕事を任されたらモチベーションが上がったと思う。
 
 
やはり、任されたり信頼されたりすると嬉しいものだ。クリエイターのみならず〝あなたしかできないお仕事だから頼んでいる〟的な言葉を言ってみて欲しい。きっと、喜んで仕事をしてくれるだろう。
 
 
私みたいな単純な人間であれば…。
 
 

«

»

Speaker Lab

Speaker Lab

大阪の〝発見を発信する〟デザイン事務所です。たまにWEBマガジンの編集部に変身するときがあります。

【URL】 http://speaker-lab.com/

【お問い合わせ】 info@speaker-lab.com

gf01a201501290100

はたして、デザイナー、クリエイターにコミニケーション能力は必要か?

95e672c900529744b7df088d006b3fec_m

そもそも、デザイナーがなぜコラムを書こうと思ったのか。

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_m

低予算でクリエイターを本気にさせる魔法の言葉