ホーム > コラム > Y嬢 > 普通の女の子に戻るんだもん!〜セックスワーカーを辞めて社会復帰してやるvol.3〜

普通の女の子に戻るんだもん!〜セックスワーカーを辞めて社会復帰してやるvol.3〜

e799fbc1aeb9a3f223da45a2b3f2f3e6_m
Yjyo_fuzoku

Y嬢

2018/06/02

 
 
こんにちは。
 
 
今回は風俗嬢らしさについて書きたいと思います。
身バレしたときに言われたのが、
 
 
「Y子って風俗嬢ぽくないよね」
 
 
という言葉。
昼職でも、夜職でも『風俗嬢らしくない』と言われる。
褒められているんだろうけど、うれしくない。かといって『ザ・風俗嬢って感じだね!』って言われるのはもっとうれしくない。
 
 
そもそも、セックスワーカーらしさってなんだろう?
 
 
ホストに通うだとか、金遣いが荒いだとか、時間にルーズだとか、思いつくのはそんな感じだろうか。
 
 
私の場合に当てはめて言うならば、ホストにも行かなければ元来貧乏性なので倹約家だし時間も守るほうだ。
 
 
それだけでセックスワーカーらしくないと言い切ってしまうのも妙な話だが、他の特徴が浮かんでこないというのが実際のところである。
自分自身にも周りにも、いかにもセックスワーカーらしいと思い当たる節がないので分かりません、で話を締めくくろうと思っていた。
 
 
途中までは。
 
 
最近会話した店の女の子Mちゃん(仮名)。なんというか、言葉にしづらい。独特の空気感ってあると思うんだけど、同業者だったらわかるはず。
 
 
何か目標や風俗で働くに至った理由があるわけでもなく、経験は浅いはずなのにどこかスレてて、ダメだったら次の店行こうっと、みたいな、その日暮らしで満足している感じ。
 
 
なにがなんでも目標を達成させてやるというような必死さが圧倒的に足りないんだろうけど、先のことが考えられないのは若さゆえなのかな。裸になれば誰でも稼げる時代はとうに終わってるんだから、考えて働かなきゃ、いつまでたってもセックスワーカーのまんまなんだろうな。
 
 
いつだったか『このお店の女の子はスレてないよね。』と言っていたお客さんは元気だろうか。私より何歳も若いのにセックスワーカーとしての雰囲気は完璧に仕上がってましたよ、彼女。
 
 
ちなみに彼女は大型連休中、長時間待機中に会ってから見かけていない。違う店に行ってしまったのかな。
 
 
あ、そうだった。昼職に絡めて今回のコラムを書くんだった。話を戻します。
 
 
周囲の人に風俗嬢らしくないと言われることは有り難い限りなんだけど、レッテルってあるよなあと思った。
 
 

上司はたまに時間の話をする。
 
 
『遅刻しても何も言わないけど、いつか転職するときにその癖は良くないことだよ』
 
 
って。遅刻すること前提なの。働かせてもらい始めてからこの4カ月間、1度だって遅刻していないのに。
私の前任の方がよく遅刻していた(らしい)というのもあるかもしれない。
 
 
だけどやっぱり納得できないのも事実。
無意識に〝セックスワーカーは遅刻をする人種〟だと思われてないだろうか。
 
 
だからもし私が遅刻したら、やっぱりセックスワーカーだから仕方のないことだと思われるのかもしれないし、なにかミスをしたら風俗で働くような女はやはり常識もないのかと思われているのかもしれない。
 
 
もう1つ。
 
 
「ここ(風俗)以外で働いてるの?」
 
「え、大学通ってるの??」
 
「奨学金のため???……へー、偉いんだねえ」
 
 
お客さんのこの言葉が嫌いです。確かに大学通ってるというのも設定だし、つい最近までは風俗1本だったけど。
 
 
セックスワーカーは学がなくて日銭を稼ぐためにやっているとでも思っているんだろうか。あー、やんなっちゃう。東洋経済オンラインとかYahoo!ニュースで貧困に喘ぐ少女たち、とかの記事はいくらでも読めるのにね。
貧困に喘ぐ少女たちはベッドの上でも喘いでますってか。やかましいわ。
 
 

生活習慣が乱れている子もその日暮らしの子ももちろん普通に昼職で働いている人に比べれば少なくないだろうが、全員がそういうわけじゃない。せめて私が風俗嬢であることを知っている人だけでも風俗嬢のレッテルを払拭しなければ、と思う。
 
 

ちなみに友人の風俗嬢はことごとく夜型なので、夕方〜深夜に連絡が来る。朝返信しようものなら丸半日は連絡がない。ホストにも通っていたし、以前旅行に言った際に訪れたホストクラブで安かったからという理由で5万円(!)のシャンパンを下ろしていた。彼女は大阪だったら25万くらいするやつだよと満足そうだった。
 
 
……身近すぎて気付いていないだけで、ここにもいたわ、すれっからしみたいな風俗嬢。
 
 

«

»