ホーム > コラム > Y嬢 > ご挨拶と報告

ご挨拶と報告

e799fbc1aeb9a3f223da45a2b3f2f3e6_m

Y嬢

2019/02/04

 
 
あけましておめでとうございます。
もうとっくに年明けちゃったけど。10月?11月?頃にコラム上げたと思ったら上がってなかったから(今月中旬になって気づいた)、昼職辞めて風俗一本に戻ったと思ってる人いそう。ごめんね、まだ続いてた。落ち込むこともあることもあるけれど、私昼職が好きです。ウソです、好きではない。できることなら働かずに遊んで生きたい、ってみんな思ってるよね。私は思ってる。
 
 
新年も明けてめでたいついでにご報告を。3月で風俗を卒業します。ようやく辞めるめどがつきました。
思い返せば昼職始めたのが昨年2月で、約1年間慣れない手つきで名刺交換やったり打ち合わせに付き添ったり、合間を見てコラム書いたり大嫌いな電話に向き合ったり自分がアスペルガー症候群じゃないかと疑ったり……。長いようで短かったようでやっぱり長かったけど、や~~~~~っと風俗卒業できるんや。
 
 
慣れない昼職と夜職の両立がしんどくて辞めたいと思ったこと、出勤のペースを落として当初の目標金額を下げるか卒業時期を遅らせようと思ったことも数え切れないほどあるけど、円満に卒業できそうでよかった。まだあと少しあるから、気を抜けないんだけど…。
 
 
個人的な意見だけど、風俗って辞めてからが本当のスタートだと思ってて、辞めることはいつでもできるんだけど、じゃあ辞めてからどうすんのって話になると思うの。昼職のアテか当面働かなくてもよいほどの貯蓄がなければ、ひと月ほどですぐに別の店の面接に行くことになる。
 
 
生活水準を下げるのって普通に難しいっていう人多いのに、金銭感覚とち狂うような仕事をしている私たち風俗嬢はなおさらだろう。
『辞めたけど、やっぱりこの業界に出戻りしちゃいましたぁ!』とかいうダサいことは何が何でも避けたい。けどやっぱり正直なところ、辞めてからが本当の正念場だろう。
 
 
誰も興味ないと思うんだけど、ここ最近のライフサイクルを書きます。
昼職終わりに風俗嬢して、でかけるか一日何もせずに家で眠って、丸一日風俗嬢して、昼職して直帰、昼職終わりに風俗嬢して、 丸一日風俗嬢して、 丸一日風俗嬢していたら「あれ、もう明日月曜日じゃん」っていうふうに一週間が終わる。また同じ一週間が来る。もう一度同じ一週間が来て、生理休暇。その間は誰かと会う予定を入れまくる。みたいな、もう何ヶ月間もこのサイクルで生きている。
 
 
我ながらよく働くなと思うけど、ラストスパートはもう少し出勤を増やすと思う。というか限界まで働きたい。自分が満足いくぐらい稼ぎ切って、この業界になんの未練もなく終わりにしたいというのが今現在の目標。
 
 
風俗の8時間×3日働けば昼職2、3年目ぐらいの月給なら超えちゃうんだけど、そこをばからしいと思わずに働ける人だけが今後も昼職を続けられる。何回目かのコラムで昼職の給料サイコーって話をしたと思うんだけど、それは昼職も夜職も両方働いてて(+目標金額という名のゴールが見えなくて風俗に嫌気がさしてたのもある)金銭的な余裕があったからこそ比較できていたんじゃないかと思ってて。
私はそっち側の人間であってほしいけど、果たしてどうだろうか。
 
 

«

»