ホーム > イベント > 大阪 > 特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」
大阪

特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」

15

 
 
大阪市立美術館では、特別展「江戸の戯画 ―鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」を、2018年4月17日 (火)から6月10日(日)まで開催。
 
 
滑稽な人物を軽妙な筆致で描いた鳥羽絵は、18世紀の大坂で鳥羽絵本として出版し人気を博した。その人気は近代にまで及び、大坂に留まらず、江戸の浮世絵などにも影響を与える。
 
 

葛飾北斎「謎かけ戯画集 鰻」

葛飾北斎「謎かけ戯画集 鰻」ベルギー王立美術歴史博物館蔵(通期展示)


 
 
太平の世が長く続いた江戸時代には多くの戯画が描かれており、一口に戯画といっても多種多様で、「鳥羽絵」をキーワードに江戸時代の戯画を紹介。
 
 
耳鳥斎「地獄図巻」

耳鳥斎「地獄図巻」(部分)大阪歴史博物館蔵(通期展示※巻替え)


 
 
河鍋暁斎「風流蛙大合戦之図」

河鍋暁斎「風流蛙大合戦之図」河鍋暁斎記念美術館蔵(展示期間:5月29日〜6月10日)


 
 
一鶯斎芳梅「滑稽浪速名所 住吉」

一鶯斎芳梅「滑稽浪速名所 住吉」和泉市久保惣記念美術館蔵(前期のみ展示)


 
 
滑稽な人物を軽妙な筆致で描いた“鳥羽絵”をキーワードに、“鳥羽絵”を洗練させた大坂の「耳鳥斎(にちょうさい)」はもちろん、鳥羽絵本の影響を受けたと考えられる江戸の「北斎」や「国芳」、そしてその流れをくむ「暁斎」など、時代や地域により変化しながらも、鳥羽絵に見せられる笑いの感覚は脈々と受け継がれている。
 
 
このような鳥羽絵からの流れを追いつつ、人気絵師たちによる江戸時代の戯画約280件が全6章で楽しめる。
 
 
また、江戸時代の浮世絵師で「戯画」を得意とする歌川国芳が描いた「金魚づくし」シリーズ。現在、日本国内やベルギーに9図の存在が確認されており、4月17日(火)~5月13日(日)限定で、世界初となる歌川国芳の「金魚づくし」シリーズ全9図を一部屋に全て展示。
 
 
歌川国芳「きん魚づくし ぼんぼん」

歌川国芳「きん魚づくし ぼんぼん」個人蔵(通期展示)


 
 
本展は大阪1会場のみで巡回もしないので、笑いを文化として培ってきた大阪の地で、多彩な笑いの世界を楽しんでみては。
 
 

特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」

会場: 大阪市立美術館
期間: 2018年(平成30年)4月17日(火)~6月10日(日)
時間: 午前9時30分~午後5時(入館は閉館の 30 分前まで)
休館: 月曜日(ただし、4月30日(月)は開館)。※5月1日(火)も開館。
料金: 一般 1,400円(1,200円)、高大生1,000円(800円) ※( )内は、前売券及び20名以上の団体料金 ※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明) ※大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金
住所: 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
公式ホームページ:http://www.osaka-art-museum.jp/
北海道 北海道
東北 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京 | 神奈川 | 山梨
東海 岐阜 | 静岡 | 愛知 | 三重
北信越 新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 長野
関西 滋賀 | 京都 | 大阪 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

スピマガでは、イベントを多数紹介していきたいと思っています。
アート系やアクティビティー系など様々なジャンルのイベントを紹介させてくださいませ。
すべてを掲載できるわけではございませんが、ぜひ、一度スピマガまでご連絡ください。
ロゴ画像やイメージ画像、イベント会場、URL、日時、入場料などを info@spmaga.com までお願いします。

運営スタッフで確認しまして、ビビッとくるものを紹介していきます。
よろしくお願いします!